Loading...
記事一覧はこちら
フィンペシアと薄毛

AGAに悩んだ場合にはフィンペシアを使用すれば解決するケースがあります。
フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)に効果があるといわれている医薬品であり、薄毛や脱毛の理由を取り除くことができます。
フィンペシアそのものには発毛効果はありませんが、脱毛の理由を取り除くことによってAGAの症状を大幅に緩和することが期待できますし、また1日1回の内服薬なので日常生活に与える影響も最小限で済むメリットがあります。

フィンペシアとはどんな効果がある?

説明する医師フィンペシアはAGA治療薬として有名なプロペシアの後発医薬品です。
後発医薬品のメリットは同じ効果が得られる薬でありながら、先発医薬品と異なって開発研究費が掛かっていないため低価格で入手することができるというものです。
後発医薬品は特許が切れたり、または先発医薬品メーカーが許可した場合に製造されるものであり単に製造元や商品名が異なるだけで、基本的にプロペシアと同じ成分で作られているため効果そのものはフィンペシアも変わりありません。

フィンペシアやプロペシアに含まれている有効成分はフィナステリドというものであり、このフィナステリドがAGA(男性型脱毛症)の症状に対して脱毛症状の改善に効果を発揮します。
この有効成分のフィナステリドの働きとしては男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの発生量を抑えるというものです。
毛そのものは周期的に生え変わっているものですが薄毛や脱毛ではこの周期が乱された状態です。

ジヒドロテストステロンの働きとしては毛の生え変え周期を乱すとされており、AGAを発症している人の頭皮に多く存在していることがわかっています。
ただ必ずしもジヒドロテストステロンが薄毛や脱毛の理由というわけではありませんが、典型的なAGAには少なくとも理由のひとつとなっており、このジヒドロテストステロンを減らすこと、つまり脱毛の理由を取り除くことがフィンペシアなどフィナステリドを使った治療になります。

ジヒドロテストステロンそのものは男性ホルモンのテストステロンを原料として、酵素の5αリダクターゼによって作られていることがわかっています。
フィナステリドの働きとしてはこの酵素5αリダクターゼの働きを阻害することによってジヒドロテストステロンの生成を抑えるというものです。
ジヒドロテストステロンの濃度が低下していくことにより脱毛の理由が取り除かれ、少なくとも抜け毛は減少します。
また健康な頭皮であれば毛の生え変わり周期が正常化するため毛が生えてくるという仕組みです。

ただあくまでもフィンペシアやプロペシアはAGAの理由であるジヒドロテストステロンの生成をフィナステリドの作用によって減らすというものです。
このため強い髪を作るためには同時に頭皮環境の改善や育毛に必要な栄養素の補充といった治療を行う必要があります。

フィンペシアの副作用

フィンペシアもプロペシアもその働きはフィナステリドによるものであり、副作用に関しても共通しています。
フィナステリドの副作用としては男性ホルモンに作用するものが中心です。

副作用で鬱状態のイメージフィナステリドの副作用でよく言われるのが性欲減退、勃起機能の低下、肝機能障害、うつ、精子減少といったものです。
発症率としては性欲減退が1.8%、勃起機能の低下が1.3%、うつが1%、精子減少が1.1%です。
肝機能障害に関してはもともとの肝臓の状態によって変わってきます。

特に懸念されるのが男性としての性機能の低下です。
2%未満といっても100人が使用すれば2人程度の人が副作用が出るリスクがあります。
ただし副作用が出るといっても軽症から重症まで含めたもので、また使用を中止すればほとんどのケースで副作用も改善します。

フィンペシアやプロペシアを使用するさいにはある程度の性欲減退は起こりうると考えておく必要がありますが、あくまでも減退であって性欲がまったく無くなるといったことはありません。
また性欲減退が勃起不全に繋がる可能性もありますが、勃起不全は精神的な要因もあるため副作用のことを気にするあまり発症するケースもあります。

一方で男性ホルモンに作用して問題のある副作用としては精子減少です。
精子が減少すると不妊症となるため子供を作りたいといった場合には悪影響が出ます。
ただ薬を止めれば自然に戻るとされており、子作りをする場合には使用を中止することが推奨されます。
またこれは正しくない使い方による副作用といえるものですが男性ホルモンに作用することから女性と子供は絶対に使用してはいけません。
妊婦がフィナステリドを体内に取り込むと胎児への影響が懸念されますし、子供の場合には成長を阻害する理由になります。

男性の性機能の以外の副作用としてはうつがありますが、これもホルモンバランスが乱されることが理由とされます。
特に男性ホルモンには活力を与える働きがあるためホルモンバランスの乱れからやる気が失われうつになるリスクがあります。
ただ影響は1%程でその日の気分的な問題もあるので長期化しない場合には気にする必要はありません。

また薬全般に言えることですが、薬の成分は肝臓で代謝されます。
フィナステリドも同様でもともと肝機能が低下している場合には肝機能障害が出る場合があります。
もちろん、肝機能障害がある場合には薬は慎重に服用する必要がありフィナステリドも同様です。
いずれにしてもクリニックで血液検査や問診などで肝機能に問題がある場合にはAGA治療薬は処方されません。

プロペシアはもともとAGAの薬ではなかった

フィンペシアの先発医薬品であるプロペシアはもともとはAGA治療のための薬ではありません。
有効成分のフィナステリドが前立腺肥大症の治療薬として開発されたもので、現在でも前立腺肥大症の治療薬としても使われています。
前立腺肥大症の薬としてはプロスカーと言う商品名で販売されています。

そもそも前立腺肥大症は、悪玉男性ホルモンと言われるジヒドロテストステロンが影響して起こるとされます。
前立腺肥大症は放置すると排尿が困難になります。
また前立腺の活動が活発になるため前立腺がんの症状が進行しやすくなります。
このため前立腺肥大の症状進行を止めるための方法が研究され、そしてわかったのがジヒドロテストステロンの影響です。
つまりジヒドロテストステロンの生成を抑えることができれば前立腺肥大の症状進行を止めることができるというものです。
当初は前立腺肥大症の治療薬として使用されてきましたが、副作用として増毛効果が見られたため、その副作用が研究されるようになり、ジヒドロテストステロンが薄毛脱毛症に対しても影響を与えることが判明してAGA治療薬のプロペシアとして販売されるようになっています。

なお、フィナステリドの開発が始まったのは1991年で、翌年にはプロスカーという商品名で認可されています。
AGA治療薬のプロペシアは1997年にアメリカで認可され、2005年に日本でも認可されています。
開発はメルクという製薬会社で日本でもメルクの日本法人である万有製薬(現在のMSD)によって製造販売されています。
またフィナステリドの特許はまだ切れていませんが、日本国内での後発医薬品の製造が許可されているため日本の製薬会社でもプロペシアの後発医薬品が販売されており、その場合にはフィナステリドの名称で販売されています。

一方でフィンペシアはインドの製薬会社シプラ社が製造販売をしているものです。
プロペシアの国際的な特許は切れていませんがインドでは特許制度が異なるためさまざまな薬が販売されており、位置付けとしてはコピー薬とも呼ばれますが、同じ成分が使われているので効果そのものはプロペシアと何ら変わるものではありません。
特に価格が安く10分の1の費用で購入することができるため、個人輸入で手に入れる人も多くいます。