ヘッジファンドに強い?長期資産運用を実現させるヘッジファンドダイレクト株式会社とは?

2019年08月02日

まだまだ国内では浸透しきれていない「富裕層」向けの『ヘッジファンド』を使った投資手法。
FXや株式投資、投資信託、近年は仮想通貨など、国内でも様々な投資手法があるなか、何故今ヘッジファンドがこん何もオススメなのか?

『聞いたこともない』という方も多いことでしょう。その理由には、一部の層にしか投資ができないということ、ヘッジファンドの理解が浅いという根本的な部分にありました。そんな中、ヘッジファンドに関して安心・信用できる企業が存在します。

ヘッジファンド・ダイレクト株式会社とは?

https://hedgefund-direct.co.jp/

ヘッジファンドという名称をとったヘッジファンドダイレクト株式会社という企業が国内に存在します。
国内では、富裕層向けに投資アドバイスなどを行っており、個人投資家の方には嬉しい利回りや長期資産運用が可能になっているんです。特に国内ではおすすめヘッジファンド関連企業でもあり、その実績は他社と比べものになりません。

ヘッジファンドダイレクト株式会社の公式HPから得る【助言実績】

上記をご覧になってみて下さい。こちらはヘッジファンドダイレクト株式会社が一部的に公開している助言実績になっています。一般的には非公開になっているので、助言がどのようなものなのか?と気になる方は、公式HP(https://hedgefund-direct.co.jp/)から資料請求を行って確認してみるといいでしょう。

一部運用実績を見てみると

平均利回り〖12.63%〗
運用年数〖19年6ヵ月〗
設定来リターン〖+916.42%〗

と、長期で安定した投資が可能になっていることも分かります。また、株式投資との差も計り知れない程に感じることでしょう。これだけ安定して資産運用できる最大の理由は、やはり運用をヘッジファンドダイレクトに任せているからこそだと感じます。

ヘッジファンドダイレクト株式会社の公式HPから得る【最低運用資金は?】

ヘッジファンドが、何故国内で浸透していないのか?そして、何故富裕層に向けた投資だという思考があるのか?というと、それは『最低投資額』が最大の理由です。

ヘッジファンドへの最低投資額は、上記画像にもある通り【最低1000万円から】となってるんですね。
更に面白いことに、ヘッジファンドへの投資(ヘッジファンドダイレクトを利用して投資)している世代では、1位が40代、2位が30代、3位が50代となっています。更に、ヘッジファンド投資を行っている都市の半数以上が【関東】となっているのが分かる。

よく見てみると、その人その人によって最適な投資手法での提案をもらえる為、自分にマッチングしている資産運用を任せることができるのがヘッジファンドダイレクトの強みかもしれない。

ヘッジファンドダイレクト株式会社の公式HPから得る【投資に成功した富裕層の声?】

実際にヘッジファンドダイレクトにて投資を行っている富裕層のリアルな声も公式HPに掲載されています。
その中には「不動産は毎年の固定資産税がリスク」と、やはり税金的な部分でのマイナス点・デメリットが存在していることが大きな理由だというコメントも。

富裕層にしかできない資産運用だからこそ、手数料などではなく、信頼で選んでいるという。
ヘッジファンドダイレクト株式会社から紹介された優良ファンドに投資を行っていて、過去1度しかマイナスが出なかったなどという実績から信頼に繋がったというコメントもされています。

富裕層にしかできない資産運用。その点で考えると、普通の人の投資感覚ではなく、だからこその投資感覚がそこにあるということかもしれない。

関連記事
プロに資産運用を任せるメリット・デメリットとは?

ヘッジファンドとは、簡単に言うと「自分の代わりに投資のプロに資産運用に行ってもらう」という代行サービスのようなものです。今まで投資の経験が全くなかったという言う人や、投資の知識はあるけれどそおこに費やす時間がないという人には大変便利な事業となっています。当然、プロに任せるのですからほとんどの人にとっ

2019年08月12日
ヘッジファンドダイレクト株式会社とはどんな会社なのか

ヘッジファンドに投資をしてみたいと考えた人は少なくないと思います。最低投資金額が1000万円からとはいえ、年利10%以上の投資信託はとても魅力的です。しかし、本当に運用力の確かなヘッジファンドに一般人がたどり着くのは至難の業。少し間違うと詐欺ファンドに出会ってしまうかもしれません。そんな時は「投資助

2019年08月12日
『富裕層のNo.1投資戦略』が今の時代に必要な理由

人生100年時代といわれる昨今。2019年6月に発表された金融庁の市場ワーキンググループの報告書には、「年金だけでは老後資金が2000万円も不足する」というショッキングな言葉が踊った。この「老後2000万円問題」は瞬く間に世間を賑わせ、賛否両論渦巻く大論争へと発展することになる。連日メディアを賑わせ

2019年08月01日