プロに資産運用を任せるメリット・デメリットとは?

2019年08月12日

ヘッジファンドとは、簡単に言うと「自分の代わりに投資のプロに資産運用に行ってもらう」という代行サービスのようなものです。

今まで投資の経験が全くなかったという言う人や、投資の知識はあるけれどそおこに費やす時間がないという人には大変便利な事業となっています。

当然、プロに任せるのですからほとんどの人にとっては自分で投資を行うよりもより効率的に資産を増やすことができます。ですが、「大金を人に預ける」という行為を介するためにそれなりにリスクも伴うということを知っておかなければなりません。

今回は、プロに資産運用を任せるという行為についてのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

個人で運用する場合

 まずは、ヘッジファンド投資を行わずに自分で投資を行って資産運用を行うケースについてです。

どの投資を行うのか

 当たり前ですが、まずはどの投資を行うことが自分にとって最もベストな選択なのか考えなければなりません。

 株や債券などの金融資産なのか、それとも不動産といった実物資産なのか。

 様々な投資法に手を出せるほどの余裕はないはずなので、基本的には一つか二つ程度の最適解を導き出さなければなりません。

 これまでに少しでも投資の経験がある人であればまだスムーズに決められるでしょうが、本当に一から始めるとなると非常に難しいでしょう。

 また複数の投資に手を出したとしても、運用成績は個別の銘柄による部分が大きく異なるため、「この株は値上がりしたから儲かったけど、この不動産は値下がりして損をした」というようにトータルの運用成績では安定しないことが多いです。

投資の能力が求められる

 当然、相場を見ながら、売買の判断を行うための目やカン、分析能力など実力が求められる世界です。

 専業投資家ならまだしも、兼業で日々変動する相場をチェックして……という作業を行うことは困難を極めるでしょう。

 個人の運用で成功を収めたいと思ったら、やはりある程度の時間と労力を割く必要があります。

個人で運用を行うメリットは?

 個人で運用を行うメリットは、ひとえに運用に成功すればリターンをすべて自分のものにすることができるという点に集約されるのでないでしょうか。

プロに運用してもらう場合

 では、プロに資産運用をしてもらう場合はどうでしょうか?

 代表的なものとして、ヘッジファンドや投資信託が挙げられます。

投資に関する知識は必要ない

 金融リテラシーが皆無のまま、ただ「預ければ増える」といってこうしたサービスを利用するのは甚だ疑問ではありますが、基本的には投資に対する細かい能力を求められることはありません。

 お金を払って投資を代行してもらい、あとは資産運用がうまくいくことを天に祈るだけとなります。

個人で行うより投資の成功率が高い

 投資のプロでなければ知りえない、もしくはうまく取り扱えない金融商品はこの世にごまんとあります。

 また、“プロ”と名乗るだけあって投資のみを生業にしているわけですから、投資にかける時間も多い。

 極めて単純ではありますが、そういった理由からも運用に成功する確率はアマチュアより高いと言えるでしょう。

個人で行うよりリターンが大きい

 個人では扱えないような莫大な資産を使って投資を行うため、単純に得られるリターンが大きくなるというメリットがあります。

 身近なところでたとえると、ボックスティッシュを1つずつ買うよりも、5個セットのほうが1つあたりは安く買えますよね? たくさんの資産を運用するということは、それとほぼ同じような理論展開が成り立つということになります。

プロに運用してもらう際の注意点

 ただし、いくら経験豊富な専門家であったとしても、必ず運用に成功するわけではないということを肝に銘じておきましょう。

 1年のサイクルで考えても、必ず投資に向かない時期というものは訪れます。たとえプロが運用しているとはいっても、そうした周期を完璧に純黒で乗り切ることは難しいと言わざるを得ません。

 市場を完璧に読みきり、いかなる時期でも利益を出すことができる方法があるなら、今や誰でも大金持ちですよね。

 しかし、アマチュアと決定的に異なるところは、プロは「人のお金を預かっている」ということです。当然、利益損失を出せば顧客が離れ、ファンドの存続にかかわります。

 そのため、特にヘッジファンドなのではあらゆる投資手法を使って、できうる限り損をしない方法を常に考えています。

さいごに

 ここまで、個人で投資を行う場合とプロに任せる場合のメリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 結論としては、よっぽどの自信がない限りは基本的にプロに任せた方がリターンは大きくなるということになります。

 投資を用いた資産運用に興味があるという人は、ぜひヘッジファンドや投資信託について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

関連記事
ヘッジファンドダイレクト株式会社とはどんな会社なのか

ヘッジファンドに投資をしてみたいと考えた人は少なくないと思います。最低投資金額が1000万円からとはいえ、年利10%以上の投資信託はとても魅力的です。しかし、本当に運用力の確かなヘッジファンドに一般人がたどり着くのは至難の業。少し間違うと詐欺ファンドに出会ってしまうかもしれません。そんな時は「投資助

2019年08月12日
『富裕層のNo.1投資戦略』が今の時代に必要な理由

人生100年時代といわれる昨今。2019年6月に発表された金融庁の市場ワーキンググループの報告書には、「年金だけでは老後資金が2000万円も不足する」というショッキングな言葉が踊った。この「老後2000万円問題」は瞬く間に世間を賑わせ、賛否両論渦巻く大論争へと発展することになる。連日メディアを賑わせ

2019年08月01日
ヘッジファンドに強い?長期資産運用を実現させるヘッジファンドダイレクト株式会社とは?

まだまだ国内では浸透しきれていない「富裕層」向けの『ヘッジファンド』を使った投資手法。FXや株式投資、投資信託、近年は仮想通貨など、国内でも様々な投資手法があるなか、何故今ヘッジファンドがこん何もオススメなのか?『聞いたこともない』という方も多いことでしょう。その理由には、一部の層にしか投資ができな

2019年08月02日